街画コム|街並画像.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲沢市の概要

稲沢市は愛知県北西部(尾張地方)、濃尾平野のほぼ中央に位置し、
かつては尾張国の政治・文化の中心地として国府が置かれ、国分寺・国分尼寺が建立される。
尾張大国霊神社が尾張国の総社と定められた。
江戸時代には東海道と中山道を結ぶ脇街道美濃路の宿場町稲葉宿が置かれ賑わった。
当時の稲葉村に小沢村が加宿となり、その2村の名を1字ずつとり稲沢となった。
名古屋市へのアクセスが良いため、ベッドタウンとしての発展もめざましい。
大都市近郊に位置しながら、植木・苗木・盆栽の生産、野菜等の栽培も盛んで、
「祖父江のぎんなん」は稲沢市の特産品として名高い。
平成17年4月1日に稲沢市、旧祖父江町、旧平和町が合併し、新しい稲沢市が誕生した。
中心駅は中心部にある名鉄国府宮駅。

稲沢市の街並画像

愛知県の都市

※ 市町村コード順

このエントリーをはてなブックマークに追加