MENU
  • ひたち海浜公園の秋の絶景コキア!紅葉の見頃はいつまで?
ひたち海浜公園の秋の絶景コキア!紅葉の見頃はいつまで?

ひたち海浜公園の秋の絶景コキア!紅葉の見頃はいつまで?

コキア群植と紅葉の絶景が有名な秋の「国営ひたち海浜公園」。
紅葉したコキアがあたり一面を埋め尽くす赤の世界を一目見たい!ということで、ひたち海浜公園の秋のイベント「コキアカーニバル」に行ってきました。

ひたち海浜公園のコキアの紅葉の時期は?見頃は?

ひたち海浜公園のコキアの紅葉の時期は?見頃は?

ひたち海浜公園のコキアが紅葉する時期は10月初旬から下旬。

9月下旬まで緑のコキアは、10月に入ると徐々に色づき始めます。

毎日少しずつ緑から赤へと変化しながら、10月中旬頃には紅葉のピークをむかえ、ピーク時にはみはらしの丘全体が赤一色に染まります。

さらに、みはらしの丘の麓に植えてあるコスモスも10月中旬から下旬に見頃をむかえるので、コキアの見頃時期には、紅葉した真っ赤なコキアをバックに満開のコスモスも楽しめます。

ひたち海浜公園のコキアの紅葉はいつまで?

ひたち海浜公園のコキアの紅葉はいつまで?

コキアの紅葉は10月いっぱい楽しむ事ができます。

コキアは10月下旬になると赤から茶色に変化していきますが、10月下旬でもまだまだ赤いコキアを見ることができます。

紅葉時期が終わる10月末頃の、日差しが当たって黄金色に輝くコキアも一見の価値アリ!

初旬の緑、真っ赤な中旬、下旬の黄金色と季節と共に移り変わるカラーのグラデーションを楽しむために、この時期にはひたち海浜公園に毎週出かける人もたくさんいるそうです。

11月に入るとすぐに刈り取られてしまうようなので、11月以降にコキアを見に行くなら要確認です。

ひたち海浜公園のコキア紅葉時期の混雑状況

ひたち海浜公園のコキア紅葉時期の混雑状況

コキアが紅葉の見頃をむかえると、休日はそれなりに混雑します。 外国人が以外と多いのにビックリ。中国人観光客がコキア畑に入ってしまうのが目につきます。

ひたち海浜公園コキア紅葉レポート

国営ひたち海浜公園の中央口から園内に入園します。

コキアが見れるみはらしの丘(みはらしエリア)へは、西口や海浜口から入園した方が若干近いですが、 せっかくなので正門にあたる中央口から入園しました。

ひたち海浜公園アトラクションエリアのプレジャーガーデンを通ります。 大観覧車フラワーリング(海抜100m)からは園内を一望できます。

プレジャーガーデンを超えると、その先は草原エリア。 家族連れやカップルがレジャーシートを広げてお弁当といった光景が広がります。

まつかぜ橋を渡って、みはらしエリアに入ると、 遠くに赤く色づいたコキアが見えてきます。

みはらしの丘の手前のみはらしの里には「常陸秋そば」の花が咲いています。 みはらしの里の向こうにはみはらしの丘の色づいたコキアが広がっています。

みはらしの丘の麓にはコスモス畑が広がります。 コスモスとコキア、見事な共演です。

みはらしの丘の全景です。 秋のひたち海浜公園メインのコキアが紅葉の見ごろをむかえた休日だけあって、すごい人!写真を撮ろうにも周りの人の影がコキアに写ってしまいます。

真っ赤と言うよりはワインレッドといった感じです。

丘一面に植えられているコキアが大地をワインレッドに染めあげます。

コキアを単体でみると、ふわふわモコモコしていてカワイイ!

コキアの枝を束ねて乾燥させてほうきに利用していたことから「ホウキグサ(和名)」とも呼ばれます。

上から見下ろしても一面に広がるワインレッドの世界が美しい! これまで見た事がない光景と規模に圧巻です。

日が傾くと、昼間とはさらに違った表情を見せてくれます。 本当に多彩な表情を見せてくれるコキア。

青空の下、ひたち海浜公園の秋を彩るコキア!オススメです。

関連記事

▼関連記事一覧
ひたち海浜公園の秋の絶景コキア!紅葉の見頃はいつまで?ひたち海浜公園の秋の絶景コキア!紅葉の見頃はいつまで?